ヘッダーバー

ホーム協会について協会の概要>協会のあゆみ(平成21年から)

協会の概要

日本ツーバイフォー建築協会のあゆみ
印は法令の制定・運用に関わる事項

平成21年から
平成11年から平成20年まで
平成元年から平成10年まで
昭和51年から昭和63年まで

平成21年から
平成25年
       
  3月 耐火認定仕様使用承諾棟数39都道府県で2000棟の大台
  3月 間仕切壁耐力壁1時間耐火構造の大臣認定を追加取得
  4月 一般社団法人に移行
  4月 関西支部と兵庫県支部の統合
4月 木材利用ポイント事業の開始(同7月:ポイントの発行・交換申請の受付開始)
  5月 6代目会長に市川俊英 三井ホーム(株)社長が就任
    10月   第24回日米加建築専門家会合(BEC)カナダ・バンクーバー市にて開催

 

平成24年
         
2月 「木造3階建学校校舎」の実大火災実験(つくば)
2月 2×4住宅耐火建築4階建実験棟・説明資料の更新(建研・協会共同研究)
2月 現存最古のツーバイフォー住宅「旧木下邸」が国の有形文化財(建築物)に登録
4月 24年度より毎月24日を「ツーバイフォーの日」と定め、従来のロゴマークも変更
4月 地域型住宅ブランド化事業の開始 「ツーバイフォーの日」ロゴマーク
4月 ゼロエネルギー化推進事業の開始
5月 木造建築技術先導事業提案の募集開始
6月 当協会がNPO法人建築技術支援協会と共に2種類の床耐火構造について大臣認定を取得
8月 協会HPにて部資材サイトを開設
10月 第23回日米加建築専門家会合(BEC)東京三田共用会議所にて開催
11月 ツーバイフォー工法オープン化40周年記念ロゴマークの決定 ツーバイフォー工法オープン化40周年記念ロゴマーク
12月 低炭素建築物認定制度の施行
12月 部資材ホットリンクにコンポーネント会社情報の追加

 

平成23年
         
  3月 東日本大震災の被災者支援の開始 200万戸着工記念ロゴマーク
▲200万戸着工記念ロゴマーク

新規外壁耐火認定概略図
▲応急仮設住宅(FPホームサービス)
  4月 200万戸着工記念ロゴマークの決定
  5月 5代目会長に生江隆之 三井ホーム(株)社長が就任
  6月 ツーバイフォー住宅累積着工戸数200万戸到達
  7月 東日本大震災被害調査報告会を開催
  7月 東日本大震災応急仮設住宅完成
  9月 四国支部結成 10支部体制に
10月 改正 高齢者住まい法施行
  10月 メールマガジンの配信開始  

 

平成22年
         
  3月 住宅瑕疵担保保険の特定団体割引から法人に拡大 新規外壁耐火認定概略図
▲新規外壁耐火認定概略図
4月 「木のいえ整備促進事業」スタート
  5月 外壁1時間外壁耐火構造 大臣認定 14認定取得
6月 「木のまち整備促進事業」スタート
  7月 耐火建築物の設計・施行に関する運用規準改正
10月 公共建築物等木材利用促進法施行

 

平成21年
         
  2月 カナダにおける築100年の枠組壁工法住宅の調査実施
▲実験建物(Eディフェンス)
  5月 耐火認定使用棟数32都道府県で1000棟の大台!
6月 「長期優良住宅普及促進法」施行
  7月 第1回ツーバイフォー大型建築物事例研究セミナーを開催
  7月 実大7階建て木造建物の震動台実験に協力
  9月 第2回日加環境セミナーを開催
10月 「住宅瑕疵担保履行法」全面施行
12月 「住宅版エコポイント制度」スタート

 

前のページへ

ページの先頭へ