ホーム事業者向け情報協会活動報告支部トピックス>広島支部

協会活動報告

広島県支部

8月の臨時総会で広島県支部長を拝命し、責任の重さに身の引き締まる思いでございます。

広島県支部は、正会員19社、協力会員3社で構成しておりますが、近年、会員数が減少傾向にあり、新規会員の掘り起こしが大きな課題となっております。

私は、ツーバイフォー住宅こそ日本の気候風土に最も適したものであると確信しております。
これからの高齢化社会に適応できる環境・低炭素(省エネ)住宅、バリアフリー住宅などで必要不可欠な、段差のない居室間移動、建物全体を一定温度に保つ居住空間など、これらを実現できるのもツーバイフォー住宅の特徴であると考えており、これらの特徴を積極的に発信して参りたいと考えております。

また、当協会に入会するメリットを明確にし、現在、減少傾向にある会員の増強にも力を入れて参りますので、皆様方のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

宮川 裕壮さん

広島県支部 支部長
宮川 裕壮

広電建設株式会社
代表取締役社長

 

 

前のページへ

ページの先頭へ