ホーム事業者向け情報協会活動報告坪井記念研究助成>第7回助成金交付式

協会活動報告
第7回「坪井記念研究助成」交付式

枠組壁工法に関連する研究と若手研究者等の育成に寄与する目的で創設された、坪井記念研究助成。第7回(平成22年度)は応募11件の中から4件の研究が選ばれ、第34回通常総会終了後に助成金の交付式が行われました。

研究課題と対象者、選考基準は以下のとおりです。


選考基準

1. 枠組壁工法ならびに枠組壁工法建築物の発展に寄与できるもの。
2. 研究計画に具体性があり、実現性および成果について期待できるもの。
3. テーマの設定がこれまでにない発想で、研究内容の今後の発展が期待できるもの。

 

集合写真
▲前列:対象者の方々(右より、森さん、佐藤さん、野田さん、中尾さん)と、小川会長(中央)、
後列右より:脇副会長、佐々木副会長、中村副会長、森副会長、池田専務理事

 

選考結果

研 究 課 題 申請(代表)者
(敬称・役職略)

交通による振動がツーバイフォー住宅の居住性能に及ぼす影響評価に関する研究(継続)

野田 千津子氏 他1名
日本女子大学 住居学科

耐力性状の異なる耐力壁が混在する枠組壁工法建築物の構造特性係数の検討

中尾 方人氏
横浜国立大学大学院工学研究院

「うるささ」感覚評価に基づいた床衝撃音遮断性能の計測及び評価方法の開発

佐藤 洋氏
(独)産業技術総合研究所
人間福祉医工学研究部門

階段コアを耐震要素に取り入れた工法の開発

森 拓郎氏 他2名
京都大学生存圏研究所
生存圏構造機能分野

 

前のページへ

ページの先頭へ