ホーム事業者向け情報協会検査員制度>枠組壁工法耐火構造工事検査員

協会検査員制度
枠組壁工法耐火構造検査員

枠組壁工法耐火建築物の構造躯体等の主要な耐火仕様の工事に関する自主工事検査員を協会が認定し、登録しています。


耐火構造検査員の概要
検査対象  
  耐火構造に関する当協会等取得の大臣認定仕様
及び告示仕様に係る耐火建築物
資格要件  
  ①当協会が定める自主工事検査員であること
  ②3年以上の実務経験
  ③以下の資格免許のうちいずれかを有していること
   ・1級建築士 ・2級建築士 ・木造建築士
 ・1級・2級建築施工管理技士(仕上げのみは不可) ・枠組壁建築技能士
更新  
  3年
受講料・登録料  
  別途定めによる
 
 「枠組壁工法耐火建築物設計者」についてはこちら

協会が定める枠組壁工法耐火建築物の規程では、その目的・役割から「耐火設計者」と「耐火構造検査員」という、ふたつの資格制度を設けており、当協会が開催する講習会を受講することで資格を付与している。


講習会のご案内

枠組壁工法耐火構造工事検査員のご登録には、協会指定の講習会を受講していただく事が必要となります。講習会の開催時期は、「講習会のご案内」をご覧ください。


講習会のご案内はこちら


前のページへ

ページの先頭へ