ヘッダーバー

ホーム事業者向け情報>協会版 計算ソフト「らくわく」

協会版 計算ソフト「らくわく」

2015年5月から一般ユーザー向けに頒布開始!

計算ソフト「らくわく」

開発の目的

計算ソフト「らくわく」は、より利便性の高い設計支援プログラムを提供することを目的に開発したものです。

  1. 従来の「枠組壁工法建築物 スパン表(CD-ROM付)」に代わる構造確認ツールとして
  2. 長期優良住宅制度利用時などの計算と申請書類を手軽に自身で作成できるツールとして

名称「らくわく」の由来
「らく」は「楽」を、「わく」は「枠」を意味します。
・「楽」は楽にできる、楽しくできるという当計算ソフトの利便性を表します。
・「枠」はツーバイフォー工法を日本語表記した「枠組壁工法」の枠からきています。

概要

当計算ソフトは、枠組壁工法の四号建築物の構造計画を効率よく、一貫して行うことができる設計支援プログラムです。告示仕様規定による壁量計算を行うことを前提としています。併せて、たて枠上下端の接合部の確認による接合金物の選定、基礎及び横架材を許容応力度計算により確認が行え、基礎の設計、まぐさ等の断面が選定できます。これにより、住宅性能表示制度に基づく耐震等級の判定が行え、住宅性能表示制度の設計住宅性能評価申請、また長期優良住宅の申請図書の作成として利用が可能です(登録住宅性能評価機関との相談要)。

計算ソフト「らくわく」の主な特徴

1 CAD入力

意匠設計図書を元に仕様条件を確認のもと、間取り、構造計画をCADで入力することで、データが連動して計算を行います。CADで入力された構造計画は計算書とともに出力が可能で、構造図のキープランとして活用できます。

2 壁量計算

建築基準法上の壁量計算(耐震等級1)と住宅性能表示制度の耐震等級2及び3を判定する壁量計算の双方を行うことができます。住宅性能表示制度や長期優良住宅の利用の有無により使い分けをした利用ができます。

3 接合部引抜力計算

「たて枠上下端の必要接合部倍率簡易計算法」に基づき引抜力を計算し、必要な接合金物を自動配置します。接合金物は自動で作成される壁略図に表現され計算書とともに出力されます。

4 基礎の設計

当計算ソフトは基礎の設計も行えるようプログラムされています。基礎スラブの断面設計、基礎梁の断面設計、地盤の許容支持力の確認を許容応力度計算により行い、建物全体の一貫した構造計画が行えます。

5 横架材の部材選定

CAD上で入力配置されたまぐさ、根太、はり等の横架材は上部の鉛直荷重から自動計算され必要な部材が選定できます。
スパン表を用いて検討するより、省力化が図れます。

出力帳票のイメージ
出力帳票のイメージ

計算ソフト「らくわく」の利用方法

○ 導入費用

 

ソフト導入費用(円/本)

講習会

利用料(ポイント)

合計

会  員

29,160円(税込)

5,840円(税込)

300

35,000円

一般(会員外)

35,640円(税込)

14,360円(税込)

150

50,000円

※ 導入時の付与ポイント。

 

○ 2年目以降の費用

ユーザー更新費用(10,000円/年・本)税別+利用料

 

○ 利用料(プリペイド式)

ポイント数①

利用料(税別)②

参考利用日数

1時間あたりの利用料②/①

1800コース

90,000円

約225日

50円

900コース

54,000円

約112日

60円

150コース

10,500円

約18日

70円

※ 一日8時間(8ポイント)「らくわく」を使用した場合。

 



前のページへ

ページの先頭へ