ホーム事業者向け情報工法技術建築確認>新しい建築士制度がスタートしました。

工法技術

新しい建築士制度がスタートしました。


平成20年11月28日より新しい建築士制度がスタートしました。PDF  設計・工事管理契約を締結する際、建築主に対し重要事項説明を行うことが法律で義務づけられました。

<重要事項説明の概要>

1.

義務付けの対象者・説明者:義務付けは建築士事務所の開設者であるが、説明は、管理建築士その他の建築士事務所の建築士が実施(実施しなかった場合等は、開設者及び建築士が監督処分や懲戒処分の対象に)

2.

重要事項説明の内容:作成する設計図書の種類、工事と設計図書との照合・確認の方法、工事監理の実施報告の方法、報酬の額や支払い時期、契約解除の事項

3.

重要事項説明の方法:様式は定められていないが、書面を交付して実施すること、説明の際に建築士免許証や証明書の提示が必要
重要事項説明の概要は≪こちらPDF≫をご覧下さい。

 

この改正建築士法では義務づけの対象者・説明者、重要事項説明の内容及びその方法が定められており、交付に対して説明を行う書面(説明書)については、設計関連四会<(社)日本建築士事務所協会連合会、(社)日本建築士会連合会、(社)日本建築家協会、(社)建築業協会>が推奨基準様式を作成し、各々ホームページで公開しています。また、四会より「改正建築士法による重要事項説明のポイント」が発売されました。

改正建築士法のQ&A最新版は≪こちらPDF≫をご覧下さい。

 


建築士制度見直しの概要は≪(財)建築行政情報センターの「改正建築士法情報」ページ≫をご確認下さい。

【座談会】「建築士法改正」施行による業務への影響  


2009年3月1日更新
2008年12月1日更新
2008年11月5日掲載

 


このアイコンはPDFファイルです。
PDFファイルを閲覧・印刷いただくためには、Adobe Readerが必要です。

 

前のページへ

ページの先頭へ