ホーム事業者向け情報工法技術>住宅性能表示制度

工法技術

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度は、消費者が利用を選択することができる、任意の制度です。
住宅性能表示制度は、「構造の安定」、「火災時の安全性」、「高齢者等への配慮」等の、住宅の性能に関する表示の適正化を図るための共通ルール(表示の基準、評価の方法の基準)を設け、消費者による住宅の性能の相互比較を可能にするものです。消費者は第三者機関による性能評価を利用することにより、自分の取得する住宅の、信頼性の確保された「性能評価書」を受け取ることができます。
また、新築住宅に限り、供給業者が、性能評価書等の契約書面に添付した場合は、表示された性能の実現を契約したものとみなされることが定められています。

 

 

住宅性能表示制度の見直し

国土交通省は、省エネ法の改正等に伴い、次のように住宅性能表示制度の見直しを行いました。

 住宅性能表示制度の見直しに係るリーフレット PDF

詳しくはこちら

 

制度の目的と仕組み

制度の目的と仕組みについてご案内します。

 

制度の対象と性能の範囲

制度の対象と性能表示事項の範囲、手続きの流れをご案内します。

 

住宅性能評価住宅のご利用方法

申請作業をスムーズに行える、設計及び建設評価申請にに役立つ、各種ツールを取りそろえています。

 

性能表示住宅への取り組み状況

住宅性能表示制度を利用した住宅戸数と、協会が取得した「協会型式」の活用状況把握のため、年2回の実態調査を行なっています。

 

 

前のページへ

ページの先頭へ