ホーム事業者向け情報工法技術耐火建築物>1時間耐火構造・2時間耐火構造

工法技術

1時間耐火構造・2時間耐火構造


1時間耐火構造

当協会は、平成16年4月20日付けで、枠組壁工法建築物の主要構造部すべての部位が、耐火構造の国土交通大臣の認定を受けたことから、枠組壁工法による耐火建築物の建設が可能となり、防火地域でのツーバイフォー住宅(100平方メートル超、3階建て)や4階建ての共同住宅さらには、社会福祉施設、ホテル等多様な建築物への道が開かれました。

耐火構造としての認定を取得したツーバイフォー工法は、次のようなツーバイフォー耐火建築が可能です。

  1. 延べ面積が3,000m2超、または階数が4以上の建築物(法第21条)
  2. 3階建て以上の特殊建築物(学校、病院、ホテル、共同住宅など)(法第27条)
  3. 防火地域の100m2超、または階数が3以上の建築物 (法第61条)
  4. 準防火地域の1,500m2超、または階数が4以上の建築物(法第62条)
  5. 上記建築基準法以外の法令等により耐火建築物を要求される老人施設や保育園等

 耐火建築物が満足すべき技術的基準PDF


 当協会の認定耐火構造一覧(1時間耐火・30分耐火)PDF

 告示使用(耐火構造)と国土交通大臣認定仕様(2×4協会)について 


2時間耐火構造

当協会は、平成27年12月9日付けで、枠組壁工法建築物の主要構造部すべての部位が、2時間耐火構造の国土交通大臣を取得しました。
これにより、枠組壁工法による階数が5以上の建築物の建設が可能となりました。

 当協会の認定耐火構造一覧(2時間耐火)PDF


 ツーバイフォー6階建て実験棟プロジェクト

6階建て実験棟

当協会は、再生産可能な循環資源である木材の利用促進に寄与すると共に、ツーバイフォー工法の一層の発展・普及を期するリーディングプロジェクトとして、わが国で初めての木造による6階建て実大実験棟をツーバイフォー工法により建設しました(平成28年3月25日完成)。
このプロジェクトで実験・検証する技術的内容のひとつとして、これまで研究を進めてきている6階建て建築物の実現に必要な、2時間耐火壁・床を実大実験棟に適用し、施工等の検証を行い、建築基準法に基づく大臣認定等につなげ普及を図っています。

 

2時間耐火構造

6階建て実験棟

平成16年(2004年)、ツーバイフォー工法において耐火構造の大臣認定をカナダ林産業審議会と共同で取得し、耐火建築が可能になりました。これにより、高齢者福祉施設や保育施設保育施設のほか、医療施設や店舗、共同住宅などの建設へ展開し、一般住宅以外の施設建築物などにも用途が広がっています。

詳しくはこちら


産業財産権(特許)

1.外壁(耐力壁)FP060BE-0006及び間仕切(耐力壁)FP060BP-0005には 当協会が保有する「耐火木造壁」が含まれています(登録日:平成17年4月28日)。
この特許技術は、室内側の第1の強化石膏ボードと第2の強化石膏ボードとの間に配置されたアルミニウムシートの輻射断熱機能により、火災の熱が室内側へと輻射され、壁内側に伝わる熱が減少する。これにより、壁内部の温度上昇を抑制することができ、枠組体を木製とすることが可能となる。

 

普及・啓蒙活動

木造耐火建築物事例研究セミナー(2006/10)

写真:木造耐火建築物事例研究セミナー

平成18年10月20日(金)午後、東京・赤坂のカナダ大使館で事業者を対象に「木造耐火建築物 事例研究セミナー」を開催。このセミナーでは、業界の有識者、実務家を講師に招き、木造耐火建築物として実際に市街地で建設された賃貸住宅や耐火認定取得により初めて可能となった2階建て大規模特別養護老人ホームの設計・施工事例をご紹介。併せて、「カナダ中層建築物海外研修」の報告も行いました。

詳しくはこちら

 

座談会 木造耐火構造への取り組みを語る(2007/3)

写真:座談会参加者

当協会は、平成16年7月に兵庫県神戸市の防火地域に建てられる3階建て専用住宅について、建築確認申請に必要な枠組壁工法による耐火構造の大臣認定書の写しの第1号を発行以来、平成18年度末にはその発行件数も累計500棟を超えました。そこで、この建築事業に取り組まれている会員の中から、3社の方々にお集まりいただき、取り組み状況や今後の課題などについての座談会を開催しました。

詳しくはこちら

 

「ツーバイフォー耐火建築のおすすめ」パンフレット

写真:パンフレット表紙
▲パンフレット表紙

多くの方々にツーバイフォー工法による耐火建築物をご理解いただくために、普及・啓蒙活動に役立つパンフレットを作成しました。会員の皆様はWeb上からダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら

 


前のページへ

ページの先頭へ