ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム>ツーバイフォー住宅における家具転倒防止策を公開!

住まいのコラム
家具転倒防止策を公開!

あなたの家の地震対策は万全ですか?

1995年に起こった「阪神・淡路大震災」での人的被害の調査では、死者の77%が家屋の倒壊による窒息・圧死、9%が地震で発生した火災による焼死・熱傷。 負傷者は軽傷またはこぶ程度が95%で、原因は46%が家具等の転倒落下、29%がガラスの飛散、3%が家屋の倒壊。

(出典:阪神淡路大震災住宅内部被害調査報告書(1996.9)、日本建築学会建築計画委員会)


2×4住宅の構造

ツーバイフォー住宅の構造を知り、地震対策を高めましょう。家具固定には、強度を持つ構造材に留め付ける事が必要です。
ツーバイフォー住宅では、家具固定に必要な強度を持つ構造材が規則正しく入っています。


2x4住宅の構造


この構造材を利用して家具が転倒しないような補強を行います。
直接見ることのできない構造材がどこに入っているのかを確認する必要があります。

ケガの原因 家具等の転倒・落下
(46%)
ガラスの飛散
(29%)
家屋の倒壊
(3%)
その他
(18%)
対策 家具転倒の
防止
家具配置に
よる対策
PDF
家具・構造体の
一体化・造作家具
PDF
落下防止PDF 飛散防止 倒壊防止 その他

PDF このアイコンはPDFファイルです。
PDFファイルを閲覧・印刷いただくためには、Adobe Readerが必要です。

(2004年9月)


前のページへ

ページの先頭へ