ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム> 特集 ツーバイフォー耐火建築、累積2000棟突破

住まいのコラム

特集 ツーバイフォー耐火建築、累積2000棟突破

ツーバイフォー耐火建築棟数の推移

ツーバイフォー工法が1時間耐火構造の大臣認定を取得したのは、平成16年のこと。この取得によって、それまで国内では、木造で建設が認められなかった4階建の共同住宅や延べ面積が3000m2を超える福祉施設、店舗、学校、病院、また、防火地域での建築が可能になりました。ツーバイフォー工法は、建築の設計・施工に関する基本的な知識・経験があれば、誰でも手掛けることのできるオープン工法として技術開発の成果を公開しています。当協会においては、耐火建築物についても技術マニュアルの制作、講習会を開催して、適正な普及に努めてきました。

その結果、10年足らずの間で、ツーバイフォー工法の耐火建築物は2000棟を超えました(平成25年3月12日時点)。それらは82%が防火地域に建てられており、建物用途別では61%が専用住宅で、階数別では83%が3階建以上です。
しかも、東京、神奈川、愛知、千葉、大阪などの地域に集中しているのが特徴で、これはツーバイフォー耐火建築物が大都市地域の3階建住宅市場で、競争力を発揮していることが伺えます。木造ならではの優れた環境性能や使い心地を備えた、安心の住まい、安心の市街地が拡大し、都市防災に対して大きな貢献となっています。

用途別件数の推移

ツーバイフォー耐火構造建築物 用途別件数の推移

ツーバイフォー工法の耐火建築物の着工戸数は年々増加。
今年3月に累積で2000棟を超えました。

用途別件数

ツーバイフォー耐火構造建築物 用途別件数

建物用途別では専用住宅が1223棟と61%を占め、次は共同住宅、併用住宅と続き、安心できる都市の住まいが増えています。

用途別面積の推移

ツーバイフォー耐火構造建築物 用途別面積の推移

社会福祉施設や文教施設、共同住宅など大型建築物の増加は、木材利用の促進や低炭素化社会の実現に大きく寄与します。

グラフをクリックすると拡大表示します。

そして最近の新たな傾向としては、棟数では住宅に及びませんが、社会福祉施設はこの2年間で2倍以上に増加するなど、大型の非住宅分野の実績が着実に増えてきていることが注目されます。

短い工期と有利なコストで、耐火建築を実現するツーバイフォー工法。都市住宅や大型建築物、公共建築物への木材の利用促進は、これからの低炭素化社会の実現には欠かすことができない施策で、ツーバイフォー工法はその一翼を担っているといえましょう。その事例のいくつかをここにご紹介します。

ツーバイフォー工法の事例

防火地域に建てられた耐火建築物

住宅展示場・埼玉県さいたま市

住宅展示場・埼玉県さいたま市
延床面積/ 148.67m2
設計/(株)シグマ開発計画研究所
施工/鉄建建設(株)

共同住宅・東京都練馬区

共同住宅・東京都練馬区
延床面積/ 108.47m2
設計/(株)ライフコア一級建築士事務所
施工/(株)ライフコア

専用住宅・東京都足立区

専用住宅・東京都足立区
延床面積/ 114.33m2
設計/日本住宅(株)
施工/日本住宅(株)

専用住宅・東京都品川区

専用住宅・東京都品川区
延床面積/ 108.9m2
設計/(株)梓川設計
施工/鹿子嶋建設(株)

準防火地域に建てられた耐火建築物

共同住宅・愛知県名古屋市

共同住宅・愛知県名古屋市
延床面積/ 208.65m2
設計/(株)山西
施工/ 田谷住建

22条区域に建てられた耐火建築物

22条区域は防火地域、準防火地域以外の市街地の区域など

福祉施設(サービス付高齢者向住宅)・北海道函館市

福祉施設(サービス付高齢者向住宅)
北海道函館市
延床面積/ 1498.5m2
設計/(株)田嶋英人設計事務所
施工/(株)ワタナベホームズ

福祉施設(ショートステイ)・岩手県盛岡市

福祉施設(ショートステイ)
岩手県盛岡市
延床面積/ 999.48m2
設計/手賀信朗建築設計事務所
施工/(株)柴田建築

一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」
Vol.198 2013年夏号からの転載記事です。
(2013年7月1日掲載)


前のページへ

ページの先頭へ