ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム>バックナンバー(2014年のコラム一覧)

住まいのコラム
過去のコラム一覧
【新春インタビュー】
小泉 武夫さん

小泉 武夫さん

屠蘇
屠蘇(とそ)は、正月松の内の祝儀に用いられる代表的な酒である。
骨正月
ひと昔前、「骨まで愛して」という流行歌があった。その歌のように、骨まで愛してしゃぶってしまうという、食にまつわる新年行事が「骨正月」。
(2014年1月1日掲載)

このニュースの記事はコチラ
【特集】ツーバイフォー耐火建築、累積2000棟突破
【特集】ツーバイフォー耐火建築、累積2000棟突破

地震保険の保険料率は、建物構造・地域別の「基本料率」に、割引が適用される場合はその割引率を適用します。ほとんどのツーバイフォー住宅は最低限10%割引の建築年割引が適用されますので木造住宅のなかで、相対的にツーバイフォー住宅は地震保険割引から見て有利に扱われていると言えます。また、長期優良住宅および住宅性能評価住宅等の場合は、耐震等級に応じて20%、30%割引が受けられます。
(2013年7月1日掲載)

このニュースの記事はコチラ
【特集】再び関心を集める二世帯住宅
【特集】再び関心を集める二世帯住宅

二世帯住宅がトレンドになるのは、これまでに何度かありました。その社会背景を見つめると、
・地価の高騰で土地を取得するのが難しくなったこと
・不況による経済状況が不安定なこと
・育児休暇制度の実施により共働き世帯が増えたこと
・超高齢化社会を迎え、介護制度の実施により親世代の面倒をみる必要が生じたこと
などが挙げられます。そして今、また、二世帯住宅に関心が寄せられています。時代に応える二世帯住宅について考えてみたいと思います。
(2013年1月1日掲載)

このニュースの記事はコチラ
【新春インタビュー】キッチンから笑顔をつくりましょう
小西雅子さん

新設住宅着工が年間80万戸で推移するなかでも、右肩上がりのツーバイフォー住宅。近年とくに20・30代の若い世代の支持を集めています。
そこで、2013年の新年号特別企画として、子育て世代が家づくりをするうえで大きな関心事である食と暮らし、そして住まいのあり方について、子どもの食育活動に力を注ぐ東京ガス「食」情報センター所長の小西雅子さんにお話をうかがいました。
(2013年1月1日更新)

このニュースの記事はコチラ
9月1日は防災の日「安心で安全な家」とは
9月1日は防災の日「安心で安全な家」とは

9月1日は「防災の日」です。1923年(大正12年)のこの日に起きた、関東大震災の教訓を忘れないという意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて、1960年(昭和35年)に制定されたものです。今、改めて「安心で安全な家」とはどのような家なのか、また日本の家に暮らすために必要なことは何なのか、識者の方々からいただいたご意見とあわせて考えてみたいと思います。
(2012年9月1日更新)

このニュースの記事はコチラ
防災の心得 備え・そのとき・その後
画像:防災のイメージ

阪神・淡路大震災より15年。震災や水害、火災はいつも予告なしにやってきます。
いざという時に、自分や大切な人を守る為の備えはとても大切です。
今一度、防災について考えてみませんか。
(2012年3月9日更新)

このニュースの記事はコチラ
地震保険割引で有利なツーバイフォー住宅!
地震保険割引で有利なツーバイフォー住宅!

地震保険の保険料率は、建物構造・地域別の「基本料率」に、割引が適用される場合はその割引率を適用します。ほとんどのツーバイフォー住宅は最低限10%割引の建築年割引が適用されますので木造住宅のなかで、相対的にツーバイフォー住宅は地震保険割引から見て有利に扱われていると言えます。また、長期優良住宅および住宅性能評価住宅等の場合は、耐震等級に応じて20%、30%割引が受けられます。
(2012年3月1日掲載)

このニュースの記事はコチラ
耐火木造もツーバイフォーへ
耐火木造もツーバイフォーへ

ツーバイフォー工法の大臣認定による耐火建築物は、主要構造部の木材を石膏ボードなどの不燃材料により隙間なく包み込むことにより、1時間の耐火性能を実現しており、指定性能評価機関における1時間の過熱及びそれに続く3時間の炉内放置によっても、木材には損傷が生じないことが確認されています。そのことは実火災において検証されています。
(2012年2月1日掲載)

このニュースの記事はコチラ
新春インタビュー  [フリーアナウンサー 露木 茂さん]
フリーアナウンサー:茂木茂氏

今年で29年目を迎えたわが家心地よさは変わらず、愛着は増すばかり
(2012年1月1日更新)

このニュースの記事はコチラ

過去の記事へ

前のページへ

ページの先頭へ