ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム防災の心得 備え・そのとき・その後>備えが肝心

住まいのコラム

写真:台風と家具の転倒

防災の心得 備え・そのとき・その後


備えが肝心


防災のための知識を得ること


  1. 国、居住地の地方公共団体からの情報提供
  2. 自ら防災訓練への参加・体験者からの話を聞く


備えの行動


キーワードは危険の芽を摘みとる

  1. 安全や安心につながる「住まいの保守管理」
  2. 「暮らしの防備慣行」
  3. 携帯用地震防災手帳(Ver1)作成:(独)産業技術総合研究所  国松 直 博士

    この手帳は地震時役に立つように、常時携帯用として作成されたものです。

    [携帯用地震防災手帳(ver.1)]ダウンロードはこちらから



住宅事業者の皆様へ


阪神・淡路大震災から10年を目前にした平成16年10月23日、新潟県中越地震が発生し、多数の被災者や住宅被害が発生しました。改めて、耐震性に優れた住宅供給の重要性を痛感するところですが、こうした防災の立場からの家づくりについて、前回に引き続き東京大学の目黒公郎助教授に伺いました。 (2004年11月)



  • 備えが肝心
  • そのときどうするか
  • その後の対応
 

(2009年9月1日掲載)


前のページへ

ページの先頭へ