ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム「名作マンガの住まい」>猫になっても、いいんじゃない?『猫の恩返し』ハルちゃんの家

住まいのコラム

猫になっても、いいんじゃない?『猫の恩返し』ハルちゃんの家


猫になっても、いいんじゃない?『猫の恩返し』ハルちゃんの家

建築面積:47.61u
延床面積:69.97u
工  法:ツーバイフォー工法
都市計画:市街化区域
用途地域:第一種低層住居専用地域



▲かわいらしいリビング


★ある日、女子高生のハルは、車に轢かれそうになった黒猫を助けた。猫は突然立ち上がり人間の言葉でハルにお礼を言った。猫の国の王子だった。次の夜、ハルの元にその国からお礼の品が届けられたが、猫の好きそうなものばかり。ましてや翌朝、家の周りには猫じゃらしが庭じゅうに生えていた。文句を言ったハルに対して猫の国の猫王は「それならば、わが国に招待して、王子の嫁に」とハルを連れ去った。猫の事務所の男爵と伝説の猫ムタ・カラスのトトが救出に向かった。・・・ザッとこんなストーリーである。

★この家は、閑静な住宅街に建つハルちゃんとお母さんが暮らす家。玄関に入ると広々としたホール。LDKは2人暮らしには十分な広さである。LDKの南側にはパントリーと思われる大きめの収納。同じく北側には斜めに意匠されnた物入がある。2階南側はハル、北側は母・直子の部屋。物入れは小さいけれども、家具を楽しむ風情である。外観は、玄関ポーチの屋根が半切妻でとてもかわいらしい。屋根勾配は10寸。もしかしたらば小屋裏収納があるかもしれない。


模型アニメーション 模型アニメーション
   


名作マンガの間取り

【作者紹介】
影山 明仁(かげやま あきひと)
『間取り☆探偵』(三栄書房刊)、『名作マンガの間取り』(ソフトバンククリエイティブ刊)著者。『間取り探偵』(iemaga.jp)をウェブ連載中。
1964年福島県郡山市生まれ。セルコホーム株式会社を経て、岩手県盛岡市で不動産業・建設コンサルタント業を営む。本業の設計に行き詰まると、マンガの間取りを描いて息抜き。
近著『間取り☆探偵』は、マンガやアニメの間取り図に、建物の検証や作品の紹介を加えた意欲作。
http://blue.ap.teacup.com/harukaze1054/2687.html#readmore
*この図面は、MEGA SOFT 3DマイホームデザイナーLS2で作図しています


   

 

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.191 2011年10月号からの転載記事です。

(2011年10月1日掲載)

 

前のページへ

ページの先頭へ