ヘッダーバー

ホーム住まいのコラムReform Case Study>ご両親の住まいを2世帯住宅にリフォーム

住まいのコラム

ご両親の住まいを2世帯住宅にリフォームし互いに快適な暮らしを実現

写真:外観全景

賃貸マンションにお住まいだった息子さんご夫妻は当初、マンションの購入を検討。しかし、ご両親からの勧めもあって、環境に恵まれたご実家をリフォームし、2世帯で住むことを決断されたという。親子で相談の結果、選ばれたのは、1階はご両親世帯、2階は息子さん世帯の生活の場とし、玄関もそれぞれに設ける完全分離型の2世帯住宅である。

プランニングの際にまず問題となったのは、2階玄関の位置。息子さんから、住宅ローンを利用するため区分所有権を設定したいとの要望があり、そのための法的条件などを検討した結果、南側にアプローチ・階段と玄関、車庫を配するプランが採用された。また、2階に広いバルコニーがほしいというご要望に応えて、1階の玄関を増築し、その上をルーフバルコニーとしている。

ご両親は、寝室を1階のダイニングであった場所に移し、室内階段も撤去。リフォームによって気持ちがリフレッシュしただけでなく、ワンフロアでの暮らしの利便性を実感される毎日とか。一方、息子さんご夫妻は、暮らしの変化に合わせて1LDK→2LDK→3LDKへと対応が可能な可変性に富むプランや白を基調としたインテリアなど「イメージどおりの住まいが実現したことがうれしい」と。暮らしを見据えた適切なリフォームが、親子それぞれに大きな満足をもたらしたようだ。

 

2階の息子さんの世帯

 

1階の親世帯

DATA
築年数: 17年
リフォーム年月: 2007年3月
建物延床面積: 156.67m2
 リフォーム工事面積: 143.67m2
工 期: 4カ月
設計・施工: 三井のリフォーム
〈三井ホームリモデリング(株)〉
URL: http://www.mitsui-reform.com/

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.177 2009年1月号からの転載記事です。

(2009年2月1日掲載)

 

前のページへ

ページの先頭へ