ヘッダーバー

ホーム住まいのコラムこだわり創空間>vol.5「ミセスラウンジ」

住まいのコラム

主婦専用のくつろぎ空間


写真


掃除、洗濯、調理etc.…忙しい家事の合間に主婦がホッとひと息つく場所はというと、ダイニングやリビング、あるいはキッチンやユーティリティの一角に設けられたカウンターやデスクなどが一般的で、専用の空間が設けられる例はあまりないのではないだろうか。そのせいか、世の奥さま方の中には、ご主人の書斎のような「自分の居場所」がほしいと願う人も少なくない。そうした主婦の想いに応えたのが、ここに紹介する「ミセスラウンジ」である。この住まいのコンセプトは“家族の自然なつながり”。その考え方のもと、動線の中に人が立ち止まるスペースを設け、それらを「ラウンジ」と称し、家族とのつながりを保ちながら作業をしたり、くつろいだりできる場所として提案している。これもそのひとつで、キッチンとユーティリティの動線上に配されているが、家事空間とは一線を画し、くつろぎを重視した空間構成としている。ソファコーナーの上は、開放感あふれる吹き抜け。高窓から降り注ぐ柔らかい光が最上のくつろぎを演出し、居心地のよい雰囲気が漂う。家事の合間の休憩はもちろんのこと、趣味を楽しんだり、親しい友人とのティータイムにもふさわしいアットホームな佇まいである。また、コレクションの品、絵画や手芸などの作品を飾るギャラリーとしての活用も視野に入れて、飾り棚もセット。自由な発想で、思い切り個性的に創り上げることができる、夫の書斎に匹敵する主婦のための“パーソナルスペース”といえよう。

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.166 2007年3月号からの転載記事です。

(2007年3月1日掲載)

 

   「こだわり創空間」トップ  
前の記事:vol.4「玄関ホール」 次の記事:vol.6「ビルトインガレージ」


前のページへ

ページの先頭へ