ヘッダーバー

ホーム住まいのコラム木の話>木造校舎はインフルエンザにかかりにくい

住まいのコラム

木造校舎はインフルエンザにかかりにくい

高湿度ではカビが発生し、低湿度ではウイルスが活発になります。冬期に構造の異なる校舎を比較すると、木材の調湿機能で湿度が安定した木造校舎のほうが、鉄筋コンクリート造(RC造)校舎より、風邪やインフルエンザにかかりにくいことが知られています。実際の調査結果でも、木造校舎はインフルエンザによる学級閉鎖率が低く、調湿された環境の効果が発揮されていると考えられます。また、細菌・ウイルス感染による喘息(気管支炎喘息)の抑制効果についても、木材の調湿機能による効果が期待できます。

出典:『最新データによる木材木造住宅のQ&A』
(ISBN978-4-9906025-0-5)木構造振興(株)発行

「学校施設における木材利用は、子供たちのストレスを緩和させ、授業での集中力が増す効果がある」「木質の床は、結露せず転んで怪我をする子供が少ない。足にかかる負担も少ない」ことも判明しています。

出典:『こうやって作る木の学校』5ページ
文部科学省・林野庁、平成22年5月発行

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.193 春号からの転載記事です。

(2012年8月1日掲載)

 

前のページへ

ページの先頭へ