ヘッダーバー

ホーム>ツーバイフォー長期優良住宅

ツーバイフォー長期優良住宅
ツーバイフォー長期優良住宅

長期優良住宅とは、『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』に規定された、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅」です。金融・税制上の優遇措置や補助制度が用意されています。着工する前に基準を満たした上で、所管行政庁による認定を受ける必要があります。



住宅の長寿命化に適したツーバイフォー住宅

ツーバイフォー工法がわが国に本格的に導入されて30余年、北米では既に100年を超える住宅が多数存在し、プラットフォーム工法として、長期使用に耐えることの出来る基本性能の高さと規格資材を利用し、標準化された生産工法が長寿命なツーバイフォー住宅を支えています。

長期優良住宅の基準

住宅を支える構造がしっかりして、大地震に対して倒壊や損傷することなく将来の住まい方の変化等にも対応でき、高い省エネルギー性能を有していることが前提となります。また、一定規模以上の床面積を有し、地域の居住環境への配慮及び居住者自身の維持保全の計画が定められていることが必要となります。

メリットは税制面などの優遇措置と地震保険割引

一般住宅よりも長期優良住宅のほうが住宅ローン減税の最大控除額が大きくなります。平成24年中に居住した場合、一般住宅であれば最大控除額は300万円ですが、長期優良住宅であれば400万円になります。また、長期優良住宅の耐震性は「耐震等級2 以上」または「免震建築物」に相当するため、「耐震等級割引」または「免震建築物割引」を適用することができます。

長期優良住宅の認定を受けられたお客様へ

国土交通省の発行している「長期優良住宅の認定を受けられたみなさまへ」を参考に計画にそった維持保全、当初計画の変更、相続や売買のときの手続きを遅滞なく実施していただきますようお願いいたします。



前のページへ

ページの先頭へ