一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

協会のトップページに戻る

ツーバイフォー住宅の基本性能のはなし(構造上の特長)

ツーバイフォー住宅は、地震国日本において最重要課題である耐震性、地震の後にくる火災に対する耐火性、そして省エネルギーへの対応を、構造における基本性能として備えています。

耐震性

床・壁・屋根が一体となったツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。力が一部分に集中することがないため、地震に対して抜群の強さを発揮します。

断熱性・気密性

ツーバイフォー住宅は、建物の構造体そのものが床・壁・屋根で一体となったモノコック構造なので、断熱性・気密性を確保しやすい構造となっています。さらに断熱材や省エネ建材を組み合わせることにより、快適で省エネ性能の高い住宅が出来上がります。

耐火性

ツーバイフォー住宅は、火が燃え広がるのを防ぐ「ファイヤーストップ構造」を壁のなかにもっており、 石こうボードの効果とあわせて高い耐火性を発揮します。その高い耐火性は火災保険料率に反映されています。

ツーバイフォー住宅の基本性能

性能の話 保険の話 施工事例 性能の話 保険の話 施工事例 性能の話 構造体例 耐震性 断熱性・気密性 耐火性

お問い合わせはこちらへ
お近くの会員紹介