ヘッダーバー

ホームニュース&トピックス>築30年以上のツーバイフォー住宅の解体現場を探していました

ニュース&トピックス

築30年以上のツーバイフォー住宅の解体現場を探していました


社団法人日本ツーバイフォー建築協会
ツーバイフォー住宅耐久性能研究委員会

 

住宅を長期にわたり良好な状態で使用するためには、構造躯体の劣化対策が必要不可欠であり、昨年度に実施した築100年を超えるツーバイフォー住宅の北米調査結果からも、使用材料の質、その後の維持管理の重要性が明らかになっています。

一方、国内においてはツーバイフォー住宅がオープン化後、30余年が過ぎ、初期に建設された住宅のリフォームが徐々に増加の傾向にあり、現在、これらの状況からツーバイフォー住宅の現時点の劣化の程度を把握して今後の劣化対策や維持管理のガイドラインの作成などの必要性が高まってきています。

そこで当協会では、ツーバイフォー住宅の躯体の経年変化による力学的耐久性の低下についての状況を把握するために特別委員会(委員長:中島正夫 関東学院大学教授)を設置し、研究に着手しました。

この研究では既存住宅の劣化調査を通じて、強度試験のためのサンプリングを行い、構造躯体を構成する材料の耐久性に関する強度試験を行うこととし、築30年以上のツーバイフォー住宅の解体現場を募集いたしました。


応募対象: 築30年以上のツーバイフォー住宅
物件所在地: 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
応募期間: 平成21年6月1日(月)〜平成21年7月31日(金)(終了)
応募方法: 募集事務局宛への電話連絡
対応時間帯:平日:9:00〜12:00 13:00〜17:30
募集事務局: 社団法人日本ツーバイフォー建築協会 技術部 芳野、辻村
TEL:03−5157−0835

 

 

前のページへ

ページの先頭へ