ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能海外事例>カナディアンツーバイフォー

ツーバイフォーの性能
海外事例

厳しくも美しい自然と調和する
景勝地に建つ住まい


data

 

外観


今回ご紹介するのは、景勝地として名高いオカナガンフォールズの、スカハ湖を見下ろす絶景の地に建つロビンソン氏邸。設計は、夏暑く、冬は雪混じりの冷たい風が吹き付ける気候風土を重視して、外部は耐候性に優れた仕様とし、内部は四季を通じて快適に過ごせるように計画されている。室内からの眺望の良さに加え、季節とともに変わりゆく自然に美しく映えるようにデザインされたこの家は、数々の賞に輝いた。敷地が岩石に覆われているため、コンクリートの基礎と大きな暖炉を直接岩に固定し、構造的な安定性を確保している。また、ブリティッシュコロンビア州ではツーバイフォー材が多様な形で建設に使用されており、この家では基礎コンクリート打ちの型枠にも使われた。その他、ダグラスファーの集成材やツーバイシックス材など、さまざまな木材を適材適所に用いたロビンソン氏邸。室内は、床やキャビネットに用いたチェリー材など上質な木材がコンクリートや石、漆喰と美しいハーモニーを奏で、居心地のよい雰囲気を醸し出している。

 

リビングとダイニング

 

キッチンより暖炉コーナーを見る リビングよりキッチンを見る

建築中の建物

 

ピーター・パウルス氏

Profile
ピーター・パウルスさんは、ダイナミックで斬新な内観・外観写真を得意とする建築写真家です。撮影のポリシーは、建築物をただの物としてでなく、生命の通った建物・空間・インテリアとして撮ること。神戸で生まれ東京で育ったパウルスさんは日本語にも通じ、カナダ、日本をはじめ環太平洋地域全般で活躍されています。

http://www.powlesphoto.com

 


【無断転載禁止】
本ページ掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.181 2009年9月号から転載の記事です。

 

前のページへ

ページの先頭へ