ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能海外事例>カナディアンツーバイフォー

ツーバイフォーの性能
海外事例

ウォーターガーデンも家の一部 開放感あふれるオアシスのような家


data

 

写真:外観


この家は、さまざまな方法で屋内空間と庭の境界を感じさせないように設計された。玄関に相当するのは庭の門。屋外空間は植物を壁に見立てて囲っている。門を入り、ウォーターガーデンの中に配された石の上を歩いていくと、まるでオアシスのような心地よさ。ウォーターガーデンは家の三方を囲む池へと続き、池には鯉が泳ぎ、小さな滝もつくられ、視覚的・聴覚的な効果をあげている。窓の多くは折りたたみ式で、フルオープンにすれば室内外の一体感がより高まる。天井は構造梁で支える代わりに、天井の上に配した梁から吊り下げており、それによって建物上部も視覚的に屋内から屋外へほとんど継ぎ目なく連続しているように感じられる。なお、建物自体は伝統的なツーバイフォー工法で建てられているが、開放されている壁や複数の窓で構成されている部分の構造材は、一種のポストアンドビームサポートシステム(支柱と梁を支えるシステム)を構築するため、ラミネートされた。


写真:リビング


写真:キッチンからリビングを見る


 


【無断転載禁止】
本ページ掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

 

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.187 2010年10月号から転載の記事です。

 

前のページへ

ページの先頭へ