ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能>耐震性:面構造

ツーバイフォーの性能
面構造 リード文

6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い

地震の年表

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。

 

揺れを面全体で受け止めるツーバイフォー

ツーバイフォー住宅と在来鉄骨軸組工法による住宅に、それぞれの建物の重さに比例した力を加えて、その伝わり方を比較したものです。色が黄・赤に近いほど負荷が大きいことを示します。

ツーバイフォー工法 在来鉄骨軸組工法

●ツーバイフォー住宅(左)
枠組みされた木部分と構造用合板が「面」となって、揺れの力を受け止め、分散・吸収していることがわかります。

●在来鉄骨軸組工法の住宅(右)
加えた力が柱や接合部などに集中。部分的に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

※それぞれの建物の重さに比例した力 (ツーバイフォー58.8KN、在来鉄骨軸組構造98.1KN)を加えて比較。
写真提供:大成建設株式会社 住宅事業本部(現 大成建設ハウジング株式会社)

面構造と6面体

 

 

前のページへ

ページの先頭へ