ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能耐震性>面構造とダイヤフラム

ツーバイフォーの性能
面構造とダイヤフラム リード文

6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い

地震の年表

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。

 

揺れを面全体で受け止めるツーバイフォー

ツーバイフォー住宅と在来鉄骨軸組工法による住宅に、それぞれの建物の重さに比例した力を加えて、その伝わり方を比較したものです。色が黄・赤に近いほど負荷が大きいことを示します。

ツーバイフォー工法 在来鉄骨軸組工法

●ツーバイフォー住宅(左)
枠組みされた木部分と構造用合板が「面」となって、揺れの力を受け止め、分散・吸収していることがわかります。

●在来鉄骨軸組工法の住宅(右)
加えた力が柱や接合部などに集中。部分的に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

※それぞれの建物の重さに比例した力 (ツーバイフォー58.8KN、在来鉄骨軸組構造98.1KN)を加えて比較。
写真提供:大成建設株式会社 住宅事業本部(現 大成建設ハウジング株式会社)

面構造と6面体

 

ダイヤフラム理論が水平構面の強さを証明

プラットホーム工法のツーバイフォーは床が強い

北米の伝統的な工法として発展してきたツーバイフォー工法の特徴として、構造耐力上主要な役割をなす床は、日本の伝統木造の火打などと異なり、床下張材と根太材の組合せによって力を発揮します。アメリカでは1930年代より床ダイヤフラムの設計方法が開始されて、その後の実験検証、地震やハリケーンの経験、調査結果でその有効性が立証されてきました。わが国においては昭和50年「小規模住宅の新施工法の開発」(建設省建築研究所 昭和50年度総合技術開発プロジェクト)のなかで、構造上の安全性の確保と合理的な設計法の基礎資料が報告されています。

ダイヤフラムとは 床ダイヤフラムの主な応力伝達

ダイヤフラム用語の解説はこちらへ

 

ツーバイフォーで家を建てるなら…「お近くの会員会社検索はこちら」

 

前のページへ

ページの先頭へ