ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能耐震性>震災にも耐えたツーバイフォー

ツーバイフォーの性能
震災にも耐えたツーバイフォー リード文

東日本大震災でツーバイフォー住宅は居住に支障なし95%

東日本大震災
▲4mの津波に耐えたツーバイフォー住宅
(東北地方太平洋沖地震 石巻市)

平成23年(2011年)3月11日午後2時46分、三陸沖を震源とした東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きました。

この地震は我が国、観測史上最大のマグニチュード9.0、震度7で、東北から関東地方にかけての広範囲に、津波と強震よる人的・物的被害が多数発生し、震度5を超える余震が続いていました。

当協会では、地震発生後1ヶ月半が経過した4月末に被災地のうち、まず仙台・石巻地域において会員会社がこれまでに供給したツーバイフォー住宅の現地調査を行い、その後、震度6弱以上の地域全域で供給された住宅について被害程度のアンケート調査を行いました。

今回は、地震動に加えて津波による被害があり、また、地盤崩壊による全壊、液状化による半壊、震度6弱を超える余震の影響があり、これまでの大地震と異なる結果でした。

調査対象住宅は20,772戸(平成23年7月28日現在)ですが、そのうち、当面補修をしなくとも居住に支障ない住宅は19,640戸で95%にあたります。津波による被害を除けば、当面補修をしなくとも居住に支障のない住宅は98%を占めており、阪神淡路大震災や新潟県中越地震でも判明したツーバイフォー住宅の高い耐震性が今回も実証されました。

 報告会の資料はこちらへ

お客様の声

(1)「2x4工法は、地震に強いと言う事で選んだが、その通りの性能で安心できた。」との声が多くありました。

(2)「在来木造と2×4を建築しましたが、2x4は、クロスの亀裂、よじれがなく改めて地震に対しての強さを実感しました。」

(3) 「揺れもなく戸もビクともしない。額も落ちない。ご主人がデータを取っているので2x4の説明会等あれば発表したい」との事。
「避難されている親戚の方々も感心されている。」

(茨城県神栖市在住)

(4)「今回の地震でお皿一枚割れることなく、安全に過ごす事が、出来ましたことをご報告します。1月29日引渡し、2月20日入居でしたのでぎりぎり間に合いました。」

(5)「1階天井裏までの浸水。流れてきた近隣屋根(2軒)が衝突。また、北側近隣の2階建倉庫が倒れ寄りかかる。1階窓建具は、南と西を中心にほとんど流出し瓦礫が室内に侵入堆積した状態であった。   津波侵入方向にあった木造住宅の8割ほどが、流出又は全壊状態であったが、本宅は傾き等もなく、修繕することとした。1階の損壊は、ショックであるが、しっかり作ってもらったおかげで家が残ることができた。有難うございます。」との言葉を頂いた。

(岩手県宮古市 2001年2月新築二世帯住宅 施主40代・70代)



新潟県中越地震で全半壊ゼロのツーバイフォー住宅

新潟中越地震
▲高町団地内の地盤崩壊(新潟県中越地震)

平成16年(2004年)10月23日午後5時56分、新潟県中越地方を中心に、マグニチュード6.8、震度7の大地震が襲いました。
この地震は本震の後、最大震度5弱以上の余震が15回も短時間に発生したことも、大きな特徴となっています。このため家屋の被害は全壊・半壊が約18,800棟、一部損壊を含めると全部で約9万棟もの住宅が損壊の被害に遭ったといわれます。そして、ここでも当協会の調査によるとツーバイフォー住宅の大きな被害は報告されていません。






阪神・淡路大震災にも耐えたツーバイフォー住宅

阪神・淡路大震災
▲震度7の激震に耐えたツーバイフォー住宅
(兵庫県南部地震)

平成7年(1995年)1月17日午前5時46分、兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)。大都市の直下で発生した地震(M7.3、震度7)であったために、想像をはるかに超えた大惨事となってしまいました。
この地震による家屋の被害は、全壊約10万1,000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9,000棟以上(平成7年4月24日の自治省(現・総務省)消防庁発表より)。しかし、このような壊滅的な状況下でさえ、ツーバイフォー住宅に大きな被害はありませんでした。当協会の調査によると、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%がとくに補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ったことがわかっています。
死者の約9割にあたる人が建物の倒壊による犠牲者といわれる阪神・淡路大震災。このデータからも住まいの耐震性がいかに大切であるかわかります。

そのときツーバイフォー住宅が家族を守ってくれた


あの阪神・淡路大震災にも全壊・半壊はゼロだったツーバイフォー住宅。当時お住まいの方々から、震災直後に寄せられたお電話やお手紙の抜粋をご紹介します。

  • お客様から寄せられた声はこちら

 詳しくはこちらへPDF


釧路沖地震でツーバイフォー住宅は軽微な被害状況

平成5年(1993年)1月15日午後8時6分、発生した釧路沖地震(マグニチュード7.8、震度6)液状化現象による都市インフラの被害や斜面地崩壊による住宅への影響など大きな被害をもたらしました。当協会では地震発生後、現地に有馬孝禮 東京大学助教授(当時)を団長に調査団を派遣し、その年の5月に報告をまとめました。この地域は比較的にツーバイフォー工法が多く採用されている場所であります。被害を受けた住宅は造成地などで、地盤の変動や擁壁の崩壊、盛土の滑動による影響によるもので、そのなかでもツーバイフォー工法の場合、上部構造が転倒傾斜したにも拘わらず、倒壊せず6面体の箱として残っていました。


注)地震に強いツーバイフォー住宅でも地震動や地盤変状などによって、壁紙にしわがよったり、少し裂け目が入ったり、基礎の仕上げがはがれたり、家具等の転倒による床材が一部傷つくことはありますので、その被害程度により専門家にご相談ください。



ツーバイフォーで家を建てるなら…「お近くの会員会社検索はこちら」

前のページへ

ページの先頭へ