bar

ホームツーバイフォーの性能耐震性>ツーバイフォー 耐震性の最前線

ツーバイフォーの性能
ツーバイフォー 耐震性の最前線
面構造のツーバイフォー住宅は新しい基準にも柔軟に対応

 

実大7階建て木造建物の震動台実験

金物配置例の図震動台実験の【動画】は(独)防災科学技術研究所のサイトでご覧になれます。

平成21年7月14日(火)、(独)防災科学技術研究所は、E−ディフェンス震動台を用いて7階建て木造建物の加振実験を実施、当協会は加振後の損傷観察に協力しました。

この実験は同研究所が米国NEESプロジェクトとの国際共同研究の一環として、NEESで主に木造建物を研究するNEESWOODを中心としたチームとともに行ったもので、枠組壁工法の大地震下での性能検証と、提案した中高層木造建物用の設計法の検証に資するデータを取得することを目的としています。

試験体は、1階は駐車場を想定して鉄骨造としており、2〜7階は枠組壁工法で建設されました。大きさは、縦横約12.4m×18.4m、高さ20.4m。床面積は過去最大。実験では、1994年のNorthridge地震で計測された地震波を米国の耐震基準に合わせて1.8倍にした地震動などを用いて加振が行われ、結果は国内外の学会・国際会議などで発表されるとともに、今後のわが国における木造建築の中高層化を構造的に検討するための研究にも活かされる予定です。

 

ツーバイフォー住宅は耐震等級について最高ランクを必要に応じて確保が可能

金物配置例の図
▲ツーバイフォー住宅2階建て「耐震等級3」金物配置例

ツーバイフォー住宅の耐震等級は建築する住宅ごとの必要壁量に対する存在壁量の割合と、耐力壁の倍率に応じた耐力壁端部の接合金物によって決まります。
どのランクの等級に該当するか判定する方法は、住宅品質確保促進法の評価方法基準に基づく壁量計算による場合と構造計算による場合があります。

 

耐震住宅に関する基準への対応

耐震等級壁量計算プログラム

耐震構造・制震構造・免震構造の違い

耐震構造は地震力を建物全体で受けとめて抵抗する構造ですが、制振構造はこうした考え方と異なり特別な装置や材料を用いて地震による構造躯体の変形や振動を低減する構造です。鉄骨造のように振動が長く続く構造や、大きく変形する構造には適していますが、ツーバイフォー工法はもともと変形が小さく、適度に制振性をもった面構造なので、特別な装置等は、あまり採用されていません。

免震構造は建物の基礎・地盤と上部構造とのあいだに免震装置を入れることにより、地震動を上部構造に伝えにくくする構造です。

耐震構造 免震構造

枠材と合板等を釘により緊結したツーバイフォー工法は制振性をもった木質壁構造(面工法)
ツーバイフォー住宅の耐震性はこちら

地震力を上部構造に伝えにくい構造
住まいのコラム
免震システムの今を追う
【インタビュー】ツーバイフォー住宅に暮らして
免震技術の権威 東京大学 藤田教授のご自宅訪問

耐震構造イラスト 免震構造イラスト

ツーバイフォーで家を建てるなら…「お近くの会員会社検索はこちら」

前のページへ

ページの先頭へ