bar

ホームツーバイフォーの性能遮音性>2つの防音対策

ツーバイフォーの性能
2つの防音対策 外の騒音を入れない。内の音を洩らさない。耳にも心地よい住まいです。

遮音と吸音、2つの防音対策

クルマや道路工事の騒音、近隣の家からの生活音など、日常の中にはさまざまな音があふれています。快適な住まいを実現するには、こうした音への配慮も重要なポイントです。
気密性の高いツーバイフォー住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。
さらに、上下階の遮音対策は、上階の振動伝達を防ぐため、床根太に天井材を直接貼ることなく、床根太とは別に天井根太を設けて遮音効果の高い石こうボードを貼ります。そして、天井裏にはロックウールなどの材料を挿入し、吸音効果を高めています。
また、最近では使用状況に応じて上階の床仕上げ材の下に高比重遮音マットや軽量気泡コンクリートなどを敷き込み、更に遮音性を高めています。

2階床(吊天井)断面図例

新しい遮音仕様の実用化に向けての研究開発

写真:バグマシンによる重量床衝撃音遮断測定
▲バグマシンによる重量床衝撃音遮断測定

当協会は、ツーバイフォー住宅の遮音性向上のために国の研究機関との共同研究や、若手研究者への研究助成事業(坪井記念研究助成)を通じての実用的な遮音仕様の開発研究に力を注いでいます。

研究助成成果はこちらへ

前のページへ

ページの先頭へ