ヘッダーバー

ホームツーバイフォーの性能耐風性>耐風構造について

ツーバイフォーの性能
耐風構造について 北米生まれのツーバイフォー住宅だから台風に強いのも当然です。

ツーバイフォー住宅の耐風対策

ハリケーンタイ

ツーバイフォー住宅の屋根は強風に対して、優れた強度を備えています。台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されているのです。その一つが「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金具です。この金物の1個当たりの許容耐力は、じつに2,303Nもあります(風速70mの時に金物1個当たりにかかる力は1,666N)。ハリケーンタイは屋根のたる木と外壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。
最近では、ツーバイフォー住宅だけでなく、軸組工法住宅にもこのハリケーンタイが使われるようになっています。また、多雪地の軒先の雪庇対策としても有効な金物です。

ツーバイフォーの軒先構造

ツーバイフォーの屋根は、全体が一面の構造体となっています。軒下から強い吹き上げ風があっても、屋根が持ち上げられにくい強固な構造です。

参考: 開口部の耐風対策例はこちらPDF

このアイコンはPDFファイルです。
PDFファイルを閲覧・印刷いただくためには、Adobe Readerが必要です。

 

ツーバイフォーで家を建てるなら…「お近くの会員会社検索はこちら」

前のページへ

ページの先頭へ