一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

日本のツーバイフォー建築の歴史 【明治初期から昭和初期まで】
この連載では、日本のツーバイフォー建築の導入期である戦前期までの歴史について、導入が試みられた明治初期の「プレ前期」から「前期」、「中期」を経て、昭和初期の「後期」まで、4つの時期に分けて、続けて年表、エピソード(前編・後編)を紹介します。

   
第7回(最終回)エピソード(後編)ツーバイフォーが新しい可能性を持つ 建築として進展していく
   
第6回 エピソード(前編)戦前のツーバイフォー建築が日本の住宅に与えた影響とは―
   
第5回 戦前期におけるツーバイフォー建築の導入史(年表)
   
第4回 後期(大正後期~昭和初期) 戦前におけるアメリカ住宅の評価と普及の課題
   
第3回 中期・普及期(大正期[関東大震災前]) 日本の新しい住宅のモデルとなったアメリカ住宅
   
第2回 前期(明治中期~大正初頭) 輸入住宅とともに導入されたツーバイフォー
   
第1回 プレ前期(明治初期) 北海道を中心に導入が試みられる