一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

vol.6「ビルトインガレージ」 お気に入りに囲まれた男の遊び場

写真

住まいにはその国の文化が表れる。アメリカの多くの家にガレージがビルトインされているのも、車が生活に密着している表れではないだろうか。しかもそこは、単なる“車置き場”ではない。日曜大工ができるスペースを設けたり、間近で愛車を眺められるようにホビールームを隣接させたり…各家各様、工夫を凝らしている。北米生まれのツーバイフォー住宅は、そんなスタイルが実に様になる。そのせいか、日本でもビルトインガレージを多目的空間として活用する例が増えてきている。この家のオーナーT様は、遊び場感覚で内部をしつらえた。床の仕上げからしてチェッカーフラッグを思わせ、何とも楽しい雰囲気が漂う。椅子もテーブルも、飾る小物もすべて好みのものを厳選し、“マイ・ワールド”を創り上げている。T様にとっては、ここでラジオを聴いたり、ビールを飲んだりするのが至福のひとときだという。オープンなカーポートと異なり、建物の中につくられるビルトインガレージは、強い陽射しを避けながら心地よい風を感じることができ、夏場のくつろぎにはもってこいの空間ともいえる。納める車のスペースに、ほんの少しだけ広さとエスプリを加えるだけで、ビルトインガレージは楽しいプラスアルファ・スペースになる。お父さんの在宅率も向上するに違いない。

 

(一社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」転載記事