ホーム事業者向け情報出版物等のご案内>技術関係(協会発行物)

出版物等のご案内
技術関係

枠組壁工法建築物設計の手引

枠組壁工法技術基準に関する国土交通大臣の告示(平13 国交告第1540号、第1541号)は、旧版発行時の平成19年以降多くの改正が行われ、近年では構造材として国産材、欧州材等およびCLT部材の追加が行われております。さらに中層建築物・大規模建築物に対応した6階建て、2時間耐火構造、高強度耐力壁などが開発されております。 この度、告示基準ならびに技術基準の解説書である「枠組壁工法建築物設計の手引」・「枠組壁工法建築物構造計算指針」の改訂を実施し2018年版を新たに作成いたしました。

表紙画像
書 籍 名: 「枠組壁工法建築物設計の手引」(2018年)
編  集: 一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会
発  行: 丸善出版(株)TEL:03-3512-3256
体  裁: A4版 361ページ(第1版)
会員価格: 6,048円/冊(消費税込み)
一般価格: 7,560円/冊(消費税込み)
送料は2冊(2冊セット)までは648円となります
申込書ダウンロード[会員限定]PDF
目次PDF
Q&A、正誤表はこちら(準備中)
【主な改定点】
1. 告示改定による、コーナー開口緩和、追加高倍率耐力壁(片面4.8 倍)
2. CLT 床・屋根対応等の基準の解説
3. 大臣認定2時間耐火構造、告示仕様1時間耐火構造
4. 大規模木造建築物・3階建学校建築の防火技術基準、壁等による分棟扱いについて


表紙画像
書 籍 名: 「枠組壁工法建築物構造計算指針」(2018)
編  集: 一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会
発  行: 丸善出版(株)TEL:03-3512-3256
体  裁: A4版 379ページ(第1版)
会員価格: 8,640円/冊(消費税込み)
一般価格: 10,800円/冊(消費税込み)
送料は2冊(2冊セット)までは648円となります
申込書ダウンロード[会員限定]PDF
目次PDF
Q&A、正誤表はこちら(準備中)
【主な改定点】
1. 中高層・大規模建築物対応のため高強度耐力壁
(ミッドプライウォール等)の例示
6階建て計画の留意点
2. 新規構造材料の追加・国産材・欧州産の材料関係規定解説


前のページへ

ページの先頭へ

.
枠組壁工法耐火建築物設計・施工の手引き[改定予定]

日本ツーバイフォー建築協会は設計者・施工者向けに枠組壁工法による耐火構造建築物の設計と施工に係る留意点について実例をまじえてまとめた手引きを作成しております。
枠組壁工法耐火建築物を設計・施工するにあたっては、耐火ではない従来の木造建築物との違いについて十分に理解した上で現場に臨まなければなりません。
本書はその手助けとして、設計者・施工者自らの判断と責任において使用するものです。
また本書は、当協会が開催している枠組壁工法耐火構造に関する講習会(※)においてもテキストとして配布しております。
より理解を深めていただくためにも、本書を読み解く前にご受講いただくことをお勧めします。
   (※)当協会の耐火認定構造を用いて建築物を設計・施工する場合には、講習を受講し、
      「耐火設計者PDF」として資格登録することを定めております。

表紙画像

書籍名: 枠組壁工法耐火建築物設計・施工の手引(2018年7月版)
体 裁:A4版 291ページ(第6版)
会員価格:4,320円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格:10,800円/部(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロード

PDF見本頁−設計・仕様編 PDF見本頁−施工編

自主規程

旧版の正誤表はこちら

【主な改定点】
(第6版)

当協会が取得した2時間耐火構造の大臣認可仕様の追加および告示仕様の解説。

【目次】

第1編 運用・基本編(共通事項)
 2編 設計・仕様編(1時間耐火構造・30分耐火構造)
 3編    〃  (2時間耐火構造)
 4編 施工編(1時間耐火構造・30分耐火構造)
 5編    〃  (2時間耐火構造)
参考資料


前のページへ

ページの先頭へ

 

.
枠組壁工法建築物構造躯体施工の手引

この手引は、当協会の工事検査制度検討作業部会が枠組壁工法建築物の構造躯体の施工について、正しい理解とその普及を図るために推奨方法例をまとめたものです。
本書は、施工者及び検査員が簡単に標準的な構造躯体の施工の留意点を確認できるように、使用する部材別、建物部位別に施工上のポイントをまとめています。
なお、記述にあたっては、枠組壁工法技術基準告示の逐条解説(2007年枠組壁工法建築物設計の手引)及び平成28年改訂枠組壁工法住宅工事仕様書(解説付)の記載をベースに、平成28年度版に建物品質管理小委員会のパネルチームが「パネル編」を作成し、追加したものです。
本書は施工者及び検査員が自らの判断と責任において使用するものであるが、この手引が枠組壁工法建築物の構造躯体について正しい施工に役立つことを期待するものです。

表紙画像

書籍名: 枠組壁工法建築物構造躯体施工の手引
体 裁:A4版 47ページ
会員価格:700円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格:2,300円/部(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロードPDF見本頁-構造用面材のくぎ打ちの留意点

【目次】

1.構造用面材のくぎ打ちの留意点

2.構造用面材の張り方の留意点

3.床枠組のくぎの打ちと組み方の留意点

4.壁枠組のくぎの打ちと組み方の留意点

5.小屋組のくぎの打ちと組み方の留意点

6.接合金物の留意点

7.欠込み・穴あけの留意点

【パネル編】

  付録.接合金物の取付け例


前のページへ

ページの先頭へ

 


ツーバイフォー6階建て実験棟プロジェクト報告会 配布資料

本書は、国立研究開発法人建築研究所と当協会の共同研究のもと、国土交通省の補助を受け実施した「ツーバイフォー6階建て実験棟プロジェクト」において検証された、高層化に必要な耐震・耐火構造をはじめとする先導的技術の開発と施工性、居住性などについて、その成果を報告した「ツーバイフォー6階建て実験棟プロジェクト報告会」の内容を取りまとめたものです。

表紙画像

書籍名: ツーバイフォー6階建て実験棟プロジェクト報告会

体 裁:A4版 57ページ

価格:540円/冊(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロード


前のページへ

ページの先頭へ

 

大規模木造施設の計画・設計の手引

当協会はカナダ林産業審議会(COFI)と共同で「施設設計手引作成小委員会」を設置し、手引書「大規模木造施設の計画・設計の手引」を制作しました。
本書では、ツーバイフォー構法による大規模木造施設設計の要点を解説しています。内容は、木造耐火建築物の建設動向や大規模木造施設の計画のポイント、大規模ツーバイフォー建築物の枠組図・納まりのポイントの解説等で構成しています。また、ツーバイフォー構法による大規模施設のモデル図面として、特別養護老人ホームの図面集を2階建て・3階建ての両方のパターンで掲載しています。地方で公共建築を手がける設計事務所の設計スタッフ等に最適な手引書となっています。
本書のデジタルデータは無料でダウンロードが可能です。
また、冊子の販売(1,360円 税・送料込)もしておりますので、施設系建築物の計画に関わる会員各社はぜひご活用ください。

大規模木造施設の計画・設計の手引
大規模木造施設の計画・設計の手引

デジタルデータ:大規模木造施設の計画・設計の手引 [11MB] PDF
購入申込書はこちら PDF


前のページへ

ページの先頭へ

 


ツーバイフォー工法による高齢者福祉施設のおすすめ計画・設計の手引き(第2版)

この「ツーバイフォー工法による高齢者福祉施設のおすすめ計画・設計の手引き」は、カナダ林産業審議会の協力を得て制作しました。今回、最新の統計と法規を集め、一部改訂いたしました。
主な内容は次のとおりです。今なぜツーバイフォーか/ツーバイフォー工法とは/高齢者施設への疑問/設計上のポイント/施工上のポイント/実施例など。

表紙画像

書籍名:
ツーバイフォー工法による高齢者福祉施設のおすすめ計画・設計の手引き(第2版)


体 裁:A4版 100ページ

価格:1,300円/冊(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロード


前のページへ

ページの先頭へ

 

.

枠組壁工法建築物 断熱施工の手引

日本ツーバイフォー建築協会は、設計者・施工者向けに枠組壁工法建築物の断熱施工について、正しい理解とその普及を図るために推奨例をまとめた『枠組壁工法建築物 断熱施工の手引』を改訂しました。
この手引きは、設計者・施工者が簡単に標準的な断熱施工の納まり例を確認できるように、部位別に施工上のポイントと施工の手順および必ず守るべき項目を、図版を使い判り易く解説しています。

表紙画像

書籍名: 『枠組壁工法建築物 断熱施工の手引』
体 裁:A4版 74ページ(第3版)
会員価格:800円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格:2,900円/部(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロードPDF見本頁-断熱構造とする部分の図(P7)

【主な改訂点】
(第3版)

(1)2013年の平成25年省エネルギー基準改正(外皮基準と一次エネルギー消費基準)に伴い、「1.概要」「参考資料」を変更
(2)「2.断熱施工の原則」について、「断熱材施工」「防湿・気密施工」に改定
(3)施工の手順を断熱材の種類ごとに分けて記述

【目次】 1.概要

1−1 省エネルギー基準の変遷

1−2 平成25年省エネ基準の概要

1−3 住宅性能表示制度との関係

1−4 地域区分

1−5 断熱構造とする部分

1−6 断熱工法の種類

1−7 躯体の断熱性能

1−8 防露措置

2.断熱施工の原則

2−1 断熱材施工

2−2 防湿・気密施工

3.基礎

3−1 土間床等の外周部基礎

4.床組

4−1 最下階の床(その他の床)

4−2 オーバーハング床等(外気に接する床)

4−3 セットバック床

4−4 床下点検口・床下収納庫

4−5 掘こたつ・掘座卓

4−6 配管立ち上り部分

5.壁組

5−1 外気に接する壁面

5−2 壁厚が断熱材の厚さより大きい場合

5−3 スイッチ・コンセントまわり

5−4 給水管・排水管部分(縦管)

5−5 下地材を入れる場合

5−6 換気扇(配管)まわり

5−7 横抜き配管・配線部分

5−8 電気配線

5−9 開口部まわり

6.屋根小屋組(天井断熱)

6−1 天井面

6−2 屋根・外壁取り合い部(軒桁部分)

6−3 間仕切壁と天井の取り合い部

6−4 配管立ち上り部分

6−5 埋め込み天井照明

6−6 天井点検口

7.屋根小屋組(屋根断熱)

7−1 屋根面

参考資料

1.用語の解説

2.省エネルギー基準の地域区分

3.Q&A


前のページへ

ページの先頭へ

 

.

枠組壁工法建築物防水施工の手引き

日本ツーバイフォー建築協会は、施工者向けに枠組壁工法建築物の長期保証に係わる雨漏りについて、その予防策を中心に防水施工の推奨例をまとめた『枠組壁工法建築物 防水施工の手引』を作成し、このたび改訂しました。
本書は施工者が簡単に標準的な防水施工の納まり例を確認できるように、部位別に施工の手順と必ず守るべきポイントについて、図版を使い判り易く解説しています。
この手引きに掲載した詳細図は外壁通気工法を前提とし、寒冷多雪地は対象には含めていません。また、掲載した材料は一般的な防水材を対象にしています。
本書は施工者自らの判断と責任において使用するものですが、この手引きが枠組壁工法建築物の雨漏り防止に役立つことを期待するものです。

表紙画像

書籍名: 『枠組壁工法建築物 防水施工の手引』
体 裁: A4版 57ページ(第3版)
会員価格: 600円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格: 2,100円/部(消費税込み、送料込み)

申込書ダウンロード見本頁-棟違い屋根(P17)

【主な改訂点】
(第3版)

(1)棟違い屋根の納まりの変更
(2)軒天と外壁の取合い部の納まりの変更
(3)透湿防水シートの上下方向の重なりを100mmに変更
(4)木製サッシの水切り部材(例)の変更
(5)トップライト、バルコニー手すり等のコーナー部に伸縮性のある防水テープを使用

【目次】 対象部位および防水施工材料

対象部位一覧

防水施工材料一覧表

1.屋根

1-1 ルーフィングの下葺き

1-2 水切り板金の取付
(ケラバ部・平棟部・片流れ上部)

1-3 屋根・壁取合部

1-4 棟違い屋根

1-5 煙突

1-6 ドーマー部

1-7 トップライト

2.外壁

2-1 先張り水切りシート

2-2 透湿防水シート

2-3 配線・配管貫通部のシーリング施工

2-4 軒天と外壁の取合部

2-5 付庇・出窓屋根

3.開口部

3-1 アルミサッシ開口部

3-2 木製輸入サッシ

3-3 シャッター雨戸(サッシ分離型)

3-4 妻換気ガラリ

4.バルコニー

4-1 バルコニーの設計

4-2 バルコニー平部・立上り部

4-3 バルコニー笠木

4-4 アルミサッシ(掃出し)取合い部

4-5 バルコニー排水部

4-6 飾り格子

5.その他

5-1 構造躯体の胴廻テープまたは胴廻りコーキング

6.10年目の点検項目

前のページへ

ページの先頭へ

 

.
枠組壁工法建築物 くぎ打ちの手引

日本ツーバイフォー建築協会は、設計者・施工者向けにくぎ打ちの正しい理解とその普及を図るために「枠組壁工法建築物 くぎ打ちの手引き」を作成しました。
この手引きはツーバイフォー工法の技術基準、「平成13年国土交通省告示第1540号および第1541号」(以下告示という。)で定められていて、それに準拠して独立行政法人住宅金融支援機構監修「枠組壁工法住宅工事仕様書(平成22年改訂)」(以下「支援機構仕様書という。)が作られており、この基準を遵守した施工がその高品質を担保する事となります。また、ツーバイフォー工法の基本であるくぎ打ち基準について、「支援機構仕様書」の内容を中心に図を用いての説明もしています。
この手引きは設計者・施工者自らの判断と責任において使用するものですが、正しいくぎ打ちの施工に役立つことを期待するものです。

表紙画像

書籍名: 『枠組壁工法建築物 くぎ打ちの手引』
体 裁:A4版 62ページ
価 格:600円/部(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロード

PDF 差替一覧 (該当ページを差し替えてください。)

【目次】 1.概要

1-1 構造躯体概要

1-2 構造躯体施工の流れ

1-3 くぎの種類

1-4 くぎの打ち方と表示方法

1-5 Cマーク表示金物に用いるくぎ、製材及び集成材の断面寸法

2.基準

2-1 くぎ打ち接合基準

3.1階床枠組

3-1 土台・大引き(床根太を用いない場合)

3-2 1階床下張り(床根太を用いない場合)

4.2階床枠組

4-1 床根太、端根太、側根太

4-2 床開口部PDF

4-3 床枠組の補強

4-4 床ばり

4-5 2階床下張り

4-6 40m2を越える区画の床下張り

5.壁枠組

5-1 耐力壁

5-2 耐力壁の隅柱・合わせたて枠PDF

5-3 耐力壁線の開口部

5-4 外壁下張りPDF

6.小屋組

6-1 切妻屋根(たるき方式)

6-2 切妻屋根(屋根ばり方式)

6-3 切妻屋根(トラス方式)

6-4 寄棟屋根(たるき方式)PDF

6-5 小屋面の開口部PDF

6-6 屋根下張りPDF

7.40m2を越える区画

7-1 40m2を越える区画のくぎ打ち

8.せっこうボード張り

8-1.天井張り(一枚張り)

8-2.天井張り(二枚張り)

8-3.壁張り(一枚張り)PDF

8-4.壁張り(二枚張り)PDF

9.その他の注意事項

9-1 くぎとねじ

10.参考資料

10-1 くぎの耐力PDF

10-2 接合金物


前のページへ

ページの先頭へ

 

.
枠組壁工法床遮音工法ハンドブック

日本ツーバイフォー建築協会では、平成20年度から2年間、「実需型高性能床遮音工法研究開発委員会及び作業部会」を設置し、ツーバイフォー工法住宅の遮音性能を向上するための工法検討を行ってきました。

本委員会および作業部会は日本のビルダー及び試験研究機関とカナダの研究機関で構成されたもので、それぞれの機関で役割分担をし、ツーバイフォー工法住宅の遮音性能の現状調査から主観評価を用いた評価、ツーバイフォー工法住宅に適した具体的な遮音工法の提案を示した総合的な研究を実施しました。

本ハンドブックでは、この研究成果を広く普及することを目的に、遮音に関する基礎的な情報を加えわかりやすく解説したものです。

協会会員のみならず、ツーバイフォー工法住宅を建設するすべての方々にご使用いただき、より居住性の高いツーバイフォー工法住宅の建設、普及に活用していただければと思います。

表紙画像

書籍名: 枠組壁工法床遮音工法ハンドブック
体 裁:A4版 42ページ
会員価格:600円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格:1,600円/部(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロードPDF見本頁(P22-23)

【目次】

1.はじめに

2.枠組壁工法の遮音について

3.音の基礎知識

4.音の測定と評価方法について

5.床衝撃音対策の基礎知識

6.床衝撃音対策工法について

7.音に対する人の感覚と床衝撃音の物理評価

8.遮音性を考慮したプランニング


前のページへ

ページの先頭へ

 

.
2x4リフォームのすすめ

強くて快適な家を永く保ち続ける!
この「2x4リフォームのすすめ」は、2x4住宅にお住いの方々へリフォームをお勧めするためのツールです。
優れた性能を備えたツーバイフォーの家、その性能を維持しながら、末永く住み続けるためのリフォームのポイントを簡潔にまとめています。

表紙画像

パンフレット名:2x4リフォームのすすめ
体裁:A4版 8ページ
会員価格:10部単位/500円(消費税込み、送料込み)
一般価格:10部単位/1,000円(消費税込み、送料込み)

PDF申込書ダウンロード PDF見本頁(P4-5)

ご希望により貴社名(ロゴマーク)のシールを貼り納品することができます。詳しくは協会事業部迄お問い合わせください。(会員限定/有料)
事業部:03-5157-0836


前のページへ

ページの先頭へ

 

. ツーバイフォー住宅の住宅性能表示制度・長期優良住宅認定制度 利用の手引 2015

画像:住宅性能表示制度利用の手引き2015

この手引は、当協会の技術推進委員会が設計者向けに、ツーバイフォー住宅における、住宅性能表示制度及び長期優良住宅認定制度の利用についてまとめたものです。

書籍名: 『ツーバイフォー住宅の住宅性能表示制度・長期優良住宅認定制度 利用の手引 2015』
体 裁: A4版 279ページ
会員価格: 1,300円/部(消費税込み、送料込み)
一般価格: 2,500円/部(消費税込み、送料込み)

申込書ダウンロードPDF

見本頁-2.1.3 たて枠上下端の必要接合部倍率 簡易計算法(P35)PDF

正誤表PDF

【目次】    
I 住宅性能表示制度
1.住宅性能表示制度について

1.1 住宅の品質確保の促進等に関する法律について

1.2 住宅性能表示制度について

2.基準の解説

2.1 構造の安定に関すること

2.2 火災時の安全に関すること

2.3 劣化の軽減に関すること

2.4 維持管理・更新への配慮に関すること

2.5 2.5 温熱環境・エネルギー消費量に関すること

2.6 空気環境に関すること

2.7 光・視環境に関すること

2.8 音環境に関すること

2.9 高齢者等への配慮に関すること

2.10 防犯に関すること

3.住宅性能評価の申請について

3.1 住宅性能評価業務の流れ

3.2 設計住宅性能評価申請

3.3 建設住宅性能評価申請

3.4 設計内容説明書の記入例

  II 長期優良住宅認定制度
4.長期優良住宅認定制度について

4.1 長期優良住宅の普及の促進に関する法律について

4.2 長期優良住宅建築等計画の認定制度について

5.認定基準等の解説

5.1 構造躯体等の劣化対策

5.2 耐震性

5.3 可変性

5.4 維持管理・更新の容易性

5.5 高齢者等対策

5.6 省エネルギー性

5.7 住宅の規模

5.8 居住環境

5.9 維持保全の方法

6.長期優良住宅建築等計画の認定手続き

6.1 業務の流れ

6.2 認定申請図書の作成

6.3 認定後の流れ

6.4 申請図書記入例

付録・参考資料
7.付録・参考資料

7.1 日本住宅性能表示基準(抜粋)

7.2 参考文献の紹介

7.3 登録住宅性能評価機関リスト

7.4 長期優良住宅認定申請図書作成例

各章の構成は以下のとおりです。

本書が枠組壁工法住宅における住宅性能表示制度の普及促進に役立つことを期待します。

内容の詳しいお問合せは、当協会 技術部宛までに TEL:03-5157-0835



前のページへ

ページの先頭へ