一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

建築事例

最新事例


小学校校舎

保育・教育施設

「ツーバイフォー工法による小学校校舎」
「自然と触れ合える校舎」をコンセプトとした新校舎建設に学習環境や規模コスト面から木造が選ばれ、設計から1年間で完成させるという条件もクリアすることで、最終的にツーバイフォー工法が採用。既存校舎はRCや鉄骨だが、木造の中でも国際的に定着しているツーバイフォーは、オーナーの信頼を得やすかったとの設計者の声もあります。        詳細はこちらPDF